ゴールデンウィークに北海道を自転車でツーリングしようとしている人はこれを読むよろし

北海道はやはり夏

こんないかにも北海道な風景と道路は夏にしかみられない。

道央の牧草地、見渡す限りの山々、ひたすら続く真っ直ぐな道路、地平線と風車のあるオロロンライン。

なぜなら寒いから。寒いからだ!

この赤を越えて東側が寒い。

快適なサイクリングを楽しめる10度以上を求めるなら黙って道南が吉。

秋田県民ですが秋冬用の長袖ジャージに下は夏用のコンプレッションウェアでちょうどよかったです。

小樽から10kmくらい東、日本海に出た途端気温が下がり霧。

次の日の天気と気温を見て柔軟に対応できるよう計画を立てましょう

明日札幌5度で雨やんけ!やっぱりもっと南に行こう!

こんな感じでフレキシブルなサイクリングができるよう計画、準備をしましょう。

手取り早いのがテント泊ですな。

最低気温5度くらいであれば冬用の寝袋とやっすいテントで問題なし。

銀のマット?いらん!

そんなもの積むスペースがあるならプロテイン積むわ!


この辺は北上するルートがいいで!ここは南進すると疲れる。

青は北上一択。

大抵のタイミングで南風らしい。

快適に35〜40km/h巡航を楽しみました。

赤の南進は覚悟が必要。

札幌から230号線で南下すると緩やかな登り。

3時間半くらい登り続けました。

最初は勾配でいうと2〜3%で登っていることに気づかずスピード出なくてクソつまらんかった。

あと寒い。山の上では完全冬装備。

それでもやっぱりゴールデンウィークに行くなら

過度な期待をせず、天気と気温を確認し、寒くなったら帰りましょう。

僕は4日くらいいましたが、次の日から雨だったのでそこで電車に乗って帰りました。

風邪をひかないように楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA