MAシャーシの色・金型別のタイム計測【MAシャーシマニアックス#1】


MAシャーシの色と金型でタイムを計りました。

結論から言うと、あんまり変わりませんでした!

以上です!

好きな色を使いましょう!

暇な人は続きを読んでください。

 

調査結果

MAタイム

こんな感じで手持ちのMAシャーシ計13枚を4回ずつ走らせてタイム計測しました。

1回全ての平均値を出していますが、それから電池のコンディションが良すぎた、または悪すぎたもの、外れシャーシと思われるものを除外しました。

順序で言えば、

1 黒

2 銀(ガンメタル)

3  灰

4 白、紺

6  強化白

ですが、強化白を除いて差は上下で0.07秒ということで、有意な差ではないです。

強化白は若干遅いですが、シャーシ重量が他より2gほど思いことを考えれば、まあそんなもんか?くらいですね。

シャーシ重量も強化白を除いて概ね23.0〜23.5の範囲に収まっており、これも立体レースでは気にしなくていいと思います。

金型に関しても速度差はありませんでした。

 

青、赤、黄緑は売ってなかったので調べてません。

いずれやります。(どうせ変わらんやろ)

 

測定方法

なるべく同じ条件で測定できるよう、頑張りました。

シャーシは全部未使用のものを使用しました。

 

使用コース

スクリーンショット 2017-02-05 18.06.37

スロープの挙動によってタイムに誤差が出ないよう、フラットなレイアウトにしています。

ちょっとずれてますが、このくらいならはまります。

 

電池とかセッティングとか

写真 2017-02-05 21 19 52

ネオチャンプを2セット用意し、1セット目で3週→一旦マシンを止めてリスタートして3週→2セット目で3週→一旦マシンを止めてリスタートして3週

これで各シャーシ計4回のタイムを計測しました。

なので表のタイム1とタイム2、タイム3とタイム4はそれぞれ同じ電池です。

比べてみるとタイム3と4で使っている2セット目のネオチャンプの方が速いみたいですね。

 

電池の充電ですが、

1.0Aで放電→2.0Aで充電→充電終了(大体1.55〜1.56V)→計測→1.0Aで放電→・・・

シャーシを替える時にこれを行い、なるべく同じコンディションで計測できるようにしました。

しかし良すぎた時(ブラストアローJC限定の白)と悪すぎた時(フェスタジョーヌの灰)が1回ずつあったので、除外した平均値を出しました。

 

電池の放充電をしている間は、マシンを組んでいました。

シャーシ以外はすべて同じパーツを使いました。

写真 2017-02-05 15 54 43

ギヤは3.5:1。

使用済みのシャーシでで慣らした後に計測したので、シャーシを替えた直後でも異音は出ませんでした。

一応すべてのシャーシで数分だけ慣らしています。

 

モーターはアトミックチューンPRO。

LC挙動によるタイム差をなくすため速度の出ないチューン系かつ測定中の性能を一定にさせるためにカーボンブラシのものを選びました。

測定前にかなり慣らしたので、測定中にモーター性能による誤差はほぼないと思います。

 

車軸受けは620。

脱脂せずにオイル不足による影響がないようにしました。

これはそこまで差がでないと思いますが。

 

タイヤも毎回拭きました。

あと劣化とかで差が出てもいやなので2日連続でやりました。

 

こんな感じで現実的にできる範囲で同条件で計測しました。

信頼性は結構あると思います。

欲を言えば紺をもう1枚持ってれば良かったなあ。

 

所感とか

遅いと思っていた灰MAが遅くなくて悔しい。

強化白たくさん買ったのに使う気がなくなった。

フェスタジョーヌのシャーシが当たりかも知れない。

間違いなく外れのヒートエッジGSPのシャーシは捨てる。

 

こんなに頑張ったのに結果があまり変わらないという事実がとにかく悔しい。

 

こんな感じでMAシャーシの研究的なやつをMAシャーシマニアックスと題してやっていきます。

1回目で終わったらごめんなさい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA