ミニ四駆オータムカップ2016のセッティングを考える

当選したので参加します。

今回もフォースラボの疑似コースでセッティングを詰めてきました。

ホビーショップ山田の3レーン王者、車屋の民というキモオタによる解説です。

 

モーターは30000rpmオーバー必要

優勝者28秒前後。3着でも30秒くらい。

ブレーキはリヤピンク幅23センチ高さ2ミリくらい(店員談)

フロントブレーキはリストラ、もしくはジョーダンブレーキ(わずかにそれらしい人いた)

フロントスラスト、剛性大事。多分リヤも

6e9a4d08

タイヤはSHHのペラハーフが大半、外形は大体26前後に見えた。低摩擦タイヤ(マルーン)は皆無。最初フロントのみで使ったけど、スタートで大きく出遅れる。坂でブレーキ後の再加速も遅いが、それを利用して低く飛ばすことは可能。滑る分デジタルの抜けは良さげ(トータルではややマイナスか)

COポイントはアイガー登り直後左コーナーで6割、降り直後右コーナーで3.9割、デジタルで0.1

登りはリヤタイヤをスーパーハード、上記ブレーキでほぼ対応できそう。降りは制振大切。フロント提灯パカッて開くやつ良さそう。もしくはフローティングで一発叩いて抑えるか。

6e9a4d08

東北ダンパー減少傾向。装着率は全体の34割程度。

一部ではタニダVなる東北亜種がもてはやされているが、東北と何が違うのか不明。

フレキは相変わらずチート。両軸であのスピード、安定性はバランスブレイカー

6e9a4d08

あとフロントのビスは曲がるので注意だそうです。

んで、5レーンの王者の僕です。

上りアイガーをなるべく高速でクリアできるようなマシンを組み、速い人が勝ちます。

以上です。

何年もやってる上級者のHDに対抗するためにSD、PDで行きましょう。

今日の疑似コースではPDが多かったです。

目標タイムは1回戦突破は33秒で5割くらい、32秒で運が悪くなければ突破できるでしょう。

2回戦は31秒切るくらい、以降は30秒前後だと思います。

片軸シャーシならPDかSD29mmくらいのタイヤ径で31〜32秒くらいになると思います。

バンクでブレーキがかかると思ったより他に置いていかれるのでブレーキはリアのみでいいと思います。

あとは速い人と当たらないように祈れば1回戦は突破できます。

というか今回のようなスタンダードな高速レイアウトは単純な実力差がもろに出てワンチャンがないのでビギナーには厳しいと思います。

速い人と当たりませんように!アーメン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA