走行会をしました。新車を作りました。遅かったです。

9月とは思えないクッソ暑い日に走行会とやりました。

レイアウトはこんな感じでけっこうきつめの低速立体でした。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-16-05-17

 

加速区間が少ないのでHDで完走可能で、難所はLCジャンプ→ストレート1枚のところでした。

結果としてはITの民のキモいMSホエイルに大差を付けて僕のジャパンカップ用のVSが1位でした。

完成度が違うね完成度が。

2回戦で負けたけど。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-03-15-37-54

 

今回の走行会では3レーンのデジタルカーブを使いました。

この記事に色々書いてます。

3レーンデジタルカーブ(デジタルターン)のスライドダンパー効果検証動画@ハイスピードカメラ

 

このコースで新車のシェイクダウンをしました。

個人的には新車を作ったらまず普通のJCJC1セットのレイアウトでLCクリアできるか速度出てるかを確認して、その後普通のTT有りコースで挙動確認したりブレーキ調整をしたりします。

なんで「こんなレイアウトでシェイクダウンするのか・・・」と思ったりしましたが、それ以前の問題でした。

とてつもなく遅かったです。まる。

 

新車完成しました。

で、ダメな所を直しました。

シャーシを削りまくったので遅い原因が駆動系じゃなくて良かった。

本当に良かった。

もうやりたくない。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-16-09-18

以前のMAは「サイドマスダンで手間がかからないマシン」がコンセプトでしたが、イマイチ安定しない原因がわからなかったので一から全部作り直しました。

タイヤ径26mm、電池なしで138gです。

最近どんなレイアウトでもブレーキはきつめにかけとけばいいんじゃね?という結論に至ったため、ブレーキ高の自由度があまりないです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-16-08-54

あとシャーシの肉抜き頑張りました。

ウチのチームには肉抜き職人の公務員の民とかいうキモオタがいるので、これ↓を参考にしました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-16-13-05

 

赤の19mmプラリンはここで買いました。

かっこいい。

 

MAシャーシの色

灰、黒、強化黒、白、青、紺とありますが、黒と白がおすすめです。

灰は加工しにくいのと、他より遅い気がします。(多分)

白はサンダーショットかJC2015限定ブラストアロー、黒は昔の限定ブラストアローかMAシャーシのスターターパックに付属です。


スターターパックの付属タイヤはスーパーハードだったりするので結構いいセットです。

白黒青紺は同じ材質ですが、手に入りやすいので白と黒をおすすめとしました。

 

これでしばらく頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA