3レーンデジタルカーブ(デジタルターン)のスライドダンパー効果検証動画@ハイスピードカメラ

去年の冬頃発売したデジタルターンが再販されていたので検証しました。

公務員の民のガレージは灼熱の暑さでした。

 

 

ジャパンカップ用のマシンで検証しました。

前後ともカーボンスラダンです。

本来ならビスを固定することでスライドしないはずですが、スローで見ると若干動いてます。

なので半固定表記してあります。

撮影はITの民による超高級ハイスピードカメラでMAX1200fpsです。

 

 

結果:あんまり変わらない。

5レーンより減速きついので目に見える効果があると思いましたが変わりませんでした。

なので3レーンのレースでデジタルカーブのためだけにスラダンを付ける必要はないでしょう。

ただ走行時の安定感とカーブを抜けた後の走行姿勢はスラダン有りの方が良いので、どちらかと言えば付けた方がいいと思います。

 

ちなみにこのデジタルカーブ、めっちゃ硬いのでフロントガチガチに組むとコースアウトします。

この3mmカーボンを使ったフロントバンパーのMAが連続COでした。

 

 

自作スラダンの作り方はこの記事を参考にするといいことあります。

自作スラダン(スライドダンパー)の作り方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA