自作スラダン(スライドダンパー)の作り方

公式5レーンで必須とされるスラダンの作り方です。

3レーンより大きい繋ぎ目の段差、デジタルコーナーでの減速を軽減します。

GUPとして売ってますが、重いので自作する人が多いです。

あとアルミなので曲がります。

僕は曲がるのが嫌なので今年の公式では自作します。

あとはロマンです。

 

必要なもの

写真 2016-06-12 8 42 55
  • 直FRPまたは直カーボン2本
  • 真鍮スペーサー 2個
  • スプリング 1個
  • ピンバイス 2.5mm 3.0mm 4.0mm 4.5mm 5.0mm
  • 爪楊枝
  • GUPの変なゴム
  • 小さめのヤスリ
  • ルーターとか切れるやつ
  • ドライバーとかカッターとかボックスドライバーとか
  • ビス、ワッシャー、ロックナットとか

お金があるならカーボンの方が作りやすいです。

うっすら見える正方形が目印にしやすいですのだ。

なんで、今回はカーボンで説明します。

 

写真 2016-06-12 10 33 44

変なゴムはこれです。↑

なんのGUPに付属なんだ?

なくてもいいです。

 

 

写真 2016-06-12 8 44 34

カーボンでいきます。

直カーボンの真ん中の穴を5mmに拡張します。

4.0mm→4.5mm→5.0mmの順に少しづつ拡張します。

短手5mmがスプリングのサイズです。

これを元にスプリングをはめるスペースを作ります。

これが上プレートです。

 

 

写真 2016-06-12 8 44 48

さっき穴を開けたのと別のカーボンの端から3番目の穴より少し外側くらいで切ります。

ぼやけてますが悪いのはiPhoneです。

これが下プレートです。

 

 

写真 2016-06-12 8 48 45

2枚のプレートを合わせて固定します。

スプリングをはめるスペースの大きさを同じにするためです。

 

 

写真 2016-06-12 8 56 45

またぼやけてますが、こんな感じ5mmの穴に合わせて下プレートの穴を拡張します。

短手の拡張は5mmの穴を超えないようにしてください。死にます。

長手はわりとアバウトでいいです。

あとでまた拡張します。

 

 

写真 2016-06-12 8 59 27 写真 2016-06-12 9 04 10

マスキングテープあたりまで長手を拡張します。

長さはスプリングと同じくらいからやや狭く。

 

 

写真 2016-06-12 9 20 13

上下対称っぽくします。

 

 

写真 2016-06-12 9 22 56

上下左右の組み合わせを覚えます。

 

 

写真 2016-06-12 9 36 16

上プレートの爪を削ります。

穴の上下左右はいじらずに爪だけ削ります。

穴の整形するときは上下を合わせてやります。

上プレートでいう端から3番目の2穴(上下合わせ固定したときにビスを通した穴)はこれから左右に拡張するので5mmの穴を整形するなら今のうちです。

左右に拡張したら固定できません。ウンコ。

 

 

写真 2016-06-12 9 36 58

こんな感じで下プレートの爪にスプリングを入れて合わせます。

それでは左右に拡張しましょう。

次からの作業は死ぬほど丁寧にやってください。

スライドにガタがあればやり直しです。

 

 

写真 2016-06-12 9 41 27

上プレートの↑の穴を2.5mmのピンバイスで穴を拡張します。

 

 

写真 2016-06-12 9 48 03

2,5mmの短手方向の高さに合わせてマスキングテープでここまで拡張するよ目印をつけます。

拡張した穴には真鍮スペーサーとビスが入ります。

長手方向はスライドさせたい範囲まで左右均等に適当に決めます。

 

 

写真 2016-06-12 10 04 43

拡張しました。

 

 

写真 2016-06-12 10 13 05

真鍮スペーサーの外径は3.0mmなので、3.0mmのピンバイスでグリグリやりつつ3.0mmに合わせます。

引っかかりがなくなるまでやります。

穴に対して垂直に差します。

 

 

写真 2016-06-12 10 18 32

真鍮スペーサーを入れてみます。

ややきついはずです。

長手方向に左右に動かすとガタがあったり端までいかなかったりします。

 

 

写真 2016-06-12 10 32 17

真鍮スペーサーが長手方向にスムーズに動き、短手方向には動かなくなるように少しずつ、本当に少しずつ整形します。

 

 

写真 2016-06-12 10 33 44

謎のゴムを用意します。

 

 

写真 2016-06-12 16 40 39

スプリングより少し短めに切り、こんな感じで割ります。

 

 

写真 2016-06-12 10 36 50

スプリングにはめます。

柔らかめにしたい場合はなくてもいいです。

 

 

写真 2016-06-12 10 37 26

真鍮スペーサーは長すぎるのと縁が邪魔なので切ります。

爪楊枝にはめるといいです。

 

 

写真 2016-06-12 10 40 58

大体0.7mmくらいです。

 

 

写真 2016-06-12 10 41 36

これは出過ぎです。

少しずつ調整してください。

少し出てるかなーくらいでいいです。

 

 

写真 2016-06-12 10 44 52

こんな感じです。

 

 

写真 2016-06-12 10 51 51

下からビスを通します。

下から真鍮スペーサー→大ワッシャー→ロックナットの順です。

 

 

写真 2016-06-12 11 06 47

土台をリアステーにする場合、スプリングに干渉する部分を落としてからつけてください。

 

 

写真 2016-06-12 11 16 26 写真 2016-06-12 11 16 45

完成です。

 

 

 

「ふええ・・・ガタガタいってるよお・・・」

 

 

 

ホレ(*´ω`*)つ

 

初めてでガタつかないもの作るのは無理なので最初から2セット作るつもりでやりましょう。

半日くらいかかります。

 

 

旋盤とか持ってる民

コレ使ウイイアル。

写真 2016-06-12 17 05 00

スラダンマニアの公務員の民が作ってくれたよ。

ブログ書きながら思い出したから全く活用してないよ。

 

 

おなじみの金持ってそうないかついおっさんがわかりやすく説明してるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA