ミニ四駆ジャパンカップ2016 ウルトラバーニングサーキット

追記 模擬コース走らせました。

ブレーキ必須です。HDきついですのお。

ジャパンカップ2016ウルトラバーニングサーキット 速度域とかブレーキとかの話

 

http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/4162-m4news20160422.html

発表ありましたね。

ぱっと見は去年よりはマイルドになった印象です。

速度域は少し上がって、LD〜HD3くらいでしょうかね。

今回の速度ギャップはジ・アルプスとかいうナイヤガラスロープっぽい何か。

一旦ストレートに着地する速度に調節できればプラウドマウンテンより難易度は低いでしょう。

ただ下りの部分が変な感じになっている理由を考えると、ストレートに着地する速度では直後のバーティカルチェンジャーを登れないよう調節している気もします。

バーティカルチェンジャーは昇りきるための一定のトルクと、振り落とされないための一定の速度があれば問題ないでしょう。知らんけど。

これみたら結構きついっぽいですね。

 

そんでまあぱっと見のセッティング妄想ですが、こんな感じでいこうかと。

VSシャーシ/LDorHD3超速/ヒクオ/タイヤ径23〜24mm/ブレーキなし/130g

今年はMA推しとか言ってましたが、片軸で。

車重は普通〜軽めの小径かなと。

中径ホイール+薄タイヤか小径ホイール+普通タイヤかは、どうしましょ。

 

うちのエースは去年よりやべえとか言ってました。

だから多分去年よりやばいです。

 

その他JC2016記事

ミニ四駆ジャパンカップ2016 ウルトラバーニングサーキット

ジャパンカップ2016ウルトラバーニングサーキット 速度域とかブレーキとかの話

ジャパンカップ2016のセッティングを考える(模擬コースを死ぬほど走らせてきたよ)

ジャパンカップ2016模擬コース@フォースラボ ダブルドラゴン/ジ・アルプス

ミニ四駆ジャパンカップ2016仙台大会結果

2016ジャパンカップ ジ・アルプス1/ダブルドラゴン定点カメラ

ミニ四駆ジャパンカップ2016の日本一詳しいブレーキセッティング解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA