低速立体の攻略

(3:36〜)

 

実際に見ることでしかわからないものはたくさんあるものでして、

僕らがATやTTでギリギリ入れるレイアウトをHDで入れるマシンを見て、まあ衝撃を受けたんですね。

ミニ四駆を初めて3、4ヶ月くらいの時の地元の大会なんですがね、

あまりにも次元が違うので大会終わったら速攻マシン見せてもらって、

その後1ヶ月くらい練習走行会は開催されなかったくらいショックでしたね。

うちのエースの車屋の民はいち早く技術を習得してブレーキマスターにあいなりました。

初期の頃からブレーキブレーキうるさかったですしね。

 

んで、スロープ後1ストレート1枚しかないレイアウトを低速立体として、

それをLDやHDで入れるためにはブレーキをしっかり効かせましょうという基本的なお話しなんですが、

ブレーキを効かせた時に「キュッ」っていうバッシュ履いて体育館でバスケする時の懐かしい音がするのはまたブレーキマスターっぽくていい気がするんですね。

ゴムタイヤ切ってブレーキにすれば鳴るってわけでもなくまたブレーキマスターにしかわからんノウハウがあるんでしょうか。

うまい人は灰色でも鳴るんですね、これが。

 

とりあえず、勝手に各メンバーの今年の目標を設定してこの記事を締めようと思いますよ。へえ。

 

部長 非公式大会1回戦突破 公式大会完走 JCJC3.5秒安定(立体セッティング)

車屋の民 公式大会優勝 ホビーショップ山田関東支部設立

公務員の民 公式大会2回戦突破 ペラタイヤ職人になる

ITの民 公式大会2回戦突破 遊学舎大会招待選手になる(動画撮影係)

電機メーカーの民 公式大会決勝進出 お金を使い過ぎない

元無職の民 やる気出す

 

あけましておめでとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA